私のヴァナゴンにはエアコンがないんです。

夏暑いんです。冬寒いんです。

「オレはカリフォルニアの季節を感じたいんだ!」

なんて戯言は言い飽きた。

本当はエアコン欲しいんです。

 

去年の夏、蒸し風呂状態の高速道路渋滞を経験。周りの車は窓を閉め切ってクーラーをかけながらスマホいじっちゃってる中、私は窓全開、裸になって地球を感じていました。

クラシックワーゲン専門店に電話し、なんとかエアコンをつけたいんだけどという旨を伝えたところ、

車屋「お前の車は何年式だ?」

私「1980年です。」

車屋「それは空冷だな?つけられるっちゃつけられるけど、エンジン燃えるからやめとけ」

私「。。。」

そうなんです。ヴァナゴンは1983年から水冷エンジンになるのですが、漢のワーゲンは空冷でしょう!という強い意志がこんな結末に。

確かにワーゲン特有の電気系が弱いというのは私の車も当てはまっており、バッテリーが弱くてエンジンがかからないこともありました。(今は修理済み)

できるだけ、無駄に電気を使ってエンジンに負担をかけたくない。という思いはあります。

 

!!!

そうだ、ここはカリフォルニア!強い日差しが一年中降り注ぐ、ゴールドコースト!

太陽の力を感じよう!

ソーラーパネルで自家発電だ!

自家発電でクーラーを動かすぞ!

 

というわけで、1ヶ月間、散々調べた結果、この動画をベースにまずはアイテム集めを行いました。

 
私はクーラーを動かさなくてはいけないので4000Wという巨大インバーターを購入!実際は2000Wを一度買ったのですがパワーが微妙に足りずさすぎて返品。

 

そして実際に購入したものがこちら

そして取り付け工程へ続く >

アクセスキーワード

  • ソーラーパネル vanagon
  • ヴァナゴン クーラー
  • 飽きない車 ヴァナゴン

コメント

コメント

 twitter0  Facebook0  Google+1  はてブ Pocket   feedly

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です