さぁ、週末だ!サーフィンにいくぞー!とバナゴンに乗り込み、クラッチを踏み込んでエンジンオン!

。。。

 

あれ、クラッチがスカスカ。全く踏み込めない。。。

??

ヴァナゴンクラッチ

なるほど、クラッチオイルが少なくなったのかな?

 

どうやら調べてみるとバナゴンはクラッチオイルとブレーキオイルを兼用している模様。場所はハンドルの目の前、計器の上のボードを外したら現れます。暗くてよく見えないのですが、確実にオイルは少ないです。

ヴァナゴンクラッチオイル

 

早速、近所のパーツ屋さんでオイル購入($4)。これでなおったらラッキー。

オイルを満タンにしてクラッチを踏み込むと。。

踏み込むと、、、

踏み込むと、、、

orz…

 

予想はしていました。だってクラッチオイルって基本的になくならないんですよね。

恐る恐る車の下を覗いてみると、エンジンルームの下がビショビショ。確実に漏れてます。覗き込んでみると、素人では手に負えそうにない箇所からの漏れ。

 

入院決定。

 

 

後日、AAAに再入会(2年ごとに入会してるな。。。)。牽引してもらいます。

ヴァナゴン牽引

いつ見てもこの絵はしびれますね!

ヴァナゴン牽引
バイクで後ろからついていき、いつもの車屋さんへ入院。

 

半日後、スレーブシリンダーの交換で完全復活!

今度はどこの不具合がでてくるのか。。今から楽しみです(悲)

アクセスキーワード

  • バナゴン クラッチ

コメント

コメント

 twitter0  Facebook0  Google+1  はてブ Pocket   feedly

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です